効果的なインシデント検知

様々なインシデントから必要なアラートを選択し、通知ユーザーを設定できます

 

​インシデント設定機能

 

インシデントの選定

56のインシデントを組織の管理目標に応じて、インシデント単位で利用設定できます。
アラート通知前にリマインダーの通知が可能なため、無駄なアラートの通知を抑制します。
(特許出願済み)

通知先の設定

アラートは原則、ユーザー権限ごとに設定できます。

​設定可能な項目は、アラートの他、アラートの通知前に指定権限者へ通知するリマインダー、リマインダー通知後のアラート通知期間、メール通知などです。

​アラートの作成

インベントリーツールで収集できる項目であれば、台帳に管理項目を追加することにより、お客様独自のアラートを追加することもできますので、お客様が独自で必要とされるインシデントの検知も可能です。

2020 © Cross Beat Co., Ltd. all rights reserved.