パブリッシャーのライセンス情報掲載URL(2020.04.02現在)

最終更新: 5月3日



ソフトウェアは著作物であり、「著作権法」という法律と、パブリッシャが定めた使用許諾条件(契約)の2つで守られています。

ソフトウェアを利用するユーザーは、その法律と契約を守る義務を負うことになります。

ライセンス監査についても、パブリッシャーの権利の一つとして使用許諾条件に記載されているものの一つです。


特にこの使用許諾条件の順守は厄介です。


それは、

  1. ソフトウェアをインストールする際に小さい文字で表示されるものが多く、確認が難しいこと

  2. たとえ読んだとしても、使用許諾条件は多岐にわたり、読むべき重要な個所が分かりにくいこと

  3. SaaSのような形態で提供されるソフトウェアの場合には特に、パブリッシャーによって条件が帰られてしまうこと

といったことによります。


それでも使用許諾条件は確認しなければなりませんが、それすらも、パブリッシャー毎に使用許諾条件を毎回検索して確認するのは結構手間もかかります。


ここではご参考までに、特にユーザーが特に気にしていると思われるOracle、IBM、Microsoft、Adobe Systemsの使用許諾条件が記載されているURLをまとめさせていただきました。


使用許諾条件を確認される際に、ご利用ください。


なお、これらのURLは突然変更されることもあります。

表示されない場合にはご一報いただけるとありがたいです。


Oracle

契約条件確認サイト

https://www.oracle.com/corporate/contracts/contract-documents/

https://www.oracle.com/a/ocom/docs/lic-online-toma-jp-jpn-v040119.pdf


Oracle Processor Core Factor Table

http://www.oracle.com/us/corporate/contracts/processor-core-factor-table-070634.pdf

補足資料

https://www.oracle.com/assets/procr-core-factor-table-suplmnt-jp-3304645-ja.pdf


Microsoft

製品条項

https://www.microsoft.com/ja-jp/licensing/product-licensing/products


IBM

使用許諾契約

https://www.ibm.com/software/jp/passportadvantage/about_software_licensing.html

https://www.ibm.com/support/customer/pdf/terms/ibm_program.pdf

プロセッサーバリューユニット

https://www.networld.co.jp/product/ibm-software/pro_info/licence/pvu/

https://www.ibm.com/software/passportadvantage/pvu_licensing_for_customers.html


Adobe Systems

使用許諾条件

https://www.adobe.com/content/dam/acom/en/products/type/pdfs/eulas/eula-1seat-japanese-07.11.11.pdf

EULA

https://www.adobe.com/jp/legal/licenses-


使用許諾条件については、また機会を改めて記事を書きます。


0回の閲覧

2020 © Cross Beat Co., Ltd. all rights reserved.